スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

Goldman 佐々木様へ

2011-12-01
あれは今年の3月
東日本大震災から10日後の
2011年3月21日のことでした。

ライブが決まっていた我々aviciは
震災直後の社会の混乱に
それぞれの形で巻き込まれながら
それでもメンバー全員一致で即決しました。

『ライブハウスが開く以上、ライブはやる』

意地でも絶対やってやる…
そんなことを口にするメンバーも居た中で
移動するガソリンも無く仕事場でも大騒ぎ
ギリギリで挑んだaviciのデビューライブでした。

ろくすっぽリハもできないままで
曲の構成もうろ覚えの状態で
何も考えずにただただ自分達が楽しんだだけの30分でしたが
それでもなんとかデビューできました。

そんな想い出深いライブでした。


その時の対バンがJimisenさんでした。

Jimisenさんとは個人的に
もう20年の付き合いになるのですが
楽器を持ったバンドマンとしては
この日初めて同じステージに立ちました。

若かりし頃にまともなバンドもやってなかった私が
酒と喧嘩にやり場の無い溜まった毒と唾を吐きまくって
喧嘩仲間と共にたどり着いたのが池袋Admでした。

今でこそ『あん時は酷かったよねー』
なんて笑い話にしていただいてるのですが、

当時19歳だった私は
10歳上の池袋AdmオーナーのJimisenさんやスタッフさん
他のバンドマンや時にはそのお客さんにまで

暴言を吐き噛み付き
時には殴り殴られ
呑みそして呑ませられ

今思っても酷い若造だったに違い有りませんが
それでもいつも同じように遊んでくれました。

時効だと思うので書きますが
Admではライブ見に行くのも酒を飲むのも打ち上げでさえ
一度もお金を払ったことがありませんでした。

お金が無かったのはもちろんですが
それでも誘ってくれ涼しい顔で私の分まで払ってくれてました。
そんな『大人』を私に見せてくれた数少ない大人でした。

私にとってのライブハウスの原点は間違いなく池袋Admです。

そんな人との対バンということで
個人的に想いも一入だったわけですが…


そんなJimisenでその時ベースを弾いておられたのが
Goldman佐々木さんでした。

ライブ前に噂は聞いていました。
クレイジーケンバンドの前身バンドでベースを弾いておられたとか
いわゆる本物の『ベテラン』だとか『プロ』だとか…

そんな御方のステージは噂に違わぬものでした。
自分のスタイルが完璧に出来上がっていて
それでいてかつバンドに溶け込み
なおかつ主張し…

私の頭は気持ちよく回って
何がなんだかよく分かりませんでした。

『すげーな』そう思うと同時に
『やっぱな』そう思いました。

テレビを見ているようで固まりました。

そして自分勝手に『俺らとは違う人種だ』と思いました。
相手になどされないと思ったのです。

そんな佐々木さんがライブ後に
こう話しかけてくださいました。

『面白いね!カッコイイね!』

私はその一言で有頂天になり
自分やメンバーのこと…
aviciのスタンスのこと…
ライブハウスのこと…
Jimisenさんのこと…
俺の思うロックのこと…
色んなことを早口で喋った記憶が有ります。

『バリバリやってってよね!』
そうおっしゃっていただきました。

その後も色々お話させていただきましたが
残念ながらライブ後の興奮からか
何を喋ったかさえ記憶がありません。

しかしながら佐々木さんがおっしゃられたこの言葉は
私に強烈なインパクトを残してくれました。


『君達ロックだね!』って…
『オレも負けてらんねーな』って。


あのトーンと笑顔が忘れられません。
百戦錬磨のプロなのに…
ライブハウスデビューしたての
こんなバカな素人相手に『負けらんねー』って…


後々知った話ですが
その昔Goldman佐々木さんはバックバンドとして
私が小中学生時代に夢中になってみていた音楽番組
ベストテンやトップテンなどにも出演されていたそうです。

知らなかったとはいえ
そんな御方と同じステージに立たせていただき
そんな御方からお言葉をいただいていたわけです。

だからといって
『我々はプロに認められたんだ』
という高慢なつもりは毛頭ありません。
もちろん同じステージには立ちましたが
同じ土俵で『勝負』してもらえたつもりも毛頭ありません。

ただただ…嬉しかったんです。

Goldman佐々木さんとお会いしたのは
この日が最後です。


私は、そして我々aviciは
ステージに立つ時にはいつも
いろんな人の想いや言葉や姿に背中を押してもらってます。

Goldman佐々木さんとは
たった一度の対バンで
たった一日の出来事でしたが

それでも佐々木さんのこの言葉に
今でも背中を押してもらってるのは事実です。


『オレも負けてらんねーな』

AfWRn64CMAAKkW9.jpg
左より、Jimisenさん、Paddyさん、Goldman佐々木さん


佐々木さん

いつも有難うございます
これからもよろしくお願いします。
安らかにお眠りください。

avici つじ
tag :
コメント:
Tnx!ありがとね。
[2011/12/01 02:53] | Jimisen #- | [edit]
3/21、俺も「服部」で対バンさせてもらいました。
その時の僕はベースだったから、Goldmanさんを結構ガン見しました。
静かだけど確かな存在感に圧倒されました。
さらに先日11/23、AdmにJimisenさん見に行ったときもGoldmanさんで、
1.5時間という割と長い時間を楽しませて頂きました。
やっぱり静かな存在感がハンパじゃなかったです。

R.I.P.
[2011/12/01 08:35] | あらぶ #- | [edit]
>Jimisen
長文・乱文、失礼しました。
[2011/12/02 01:25] | 2zee #- | [edit]
>あらぶ
惜しいね。早すぎやな…。
[2011/12/02 01:27] | 2zee #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/90-8671f282

<< TOPページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。