婆様が来た!

2011-08-17
先日ウチに来た婆様を紹介します。

縁があってオークションで落札できたわけですが、
前回ブログにて引っかかった『輸入規制』の素材は…

『ローズウッド、マホガニー』

おいおい、それで引っかかんの!?
って木材ですね。

現地の方からの連絡メールによると

どうやらローズウッドは12種類あって
その中のブラジリアンローズウッド等がダメなんだとか…
そんでもって使ってる種類が特定できる公式な資料が必要なんですと。

さらにマホガニーは全面取引が制限されているらしいです。
しかもキャンセルしたら落札金額も返ってこないとか…

おいおい…どうすんだよ?
なんて読んでると最後の方に

『米国内転送なら問題ありません』

なんて助け舟が…


んで、アメ車でお世話になってる友人に手伝ってもらい
米在住の個人から送ってもらって無事到着。

コレってイケないのかな?

ま、エエか。
着いたし。


んでもってお待たせしました!


婆様のご紹介

このロゴだけでドキドキしますね。

110817_083148.jpg

そう、筆記体ギブソンロゴ
戦前のプレウォーモデルです。

ペグは代わってますがそんなの気にしない
ちなみに裏に『DELUX』と書いてありました。

110817_083039.jpg

ネックは太い三角形で慣れるまでは弾きにくそうですが
『私はこう握ってくんなきゃ弾けないよ!』
と言われてるようなフィットする握り方があって面白いです。

あとは慣れるだけ。

ギブソンのプレウォーアコと言うと
アーチドトップ&バックを思いだしますが
そこは私、ヒネクレモンでして…

アーチドトップでもフラットバック
サイズも小さいスチューデントモデルをチョイスです。

110817_082850.jpg

1939年 Gibson L-30
もう72歳の婆様でございますが
立ち姿がステキ過ぎます。

この婆様
来たときは埃とヤニで満遍なくベッタベタでして
随分と放置されていたんだと思われます。
壁にでもかけてオブジェにしてたんじゃないでしょうか?

そのヤニも匂いがドンズバでダンヒルパイプで
小さい頃から嗅いでいたじいちゃんのパイプの匂いそのもの
私にとっては何だかとっても懐かしい匂いでした。

多少の汚れ、塗装剥がれはありますが
クラックやネック反りもなく
ペグ以外はオールオリジナル(らしい)の
プレイヤーズコンディションで
ボディーも良く鳴っていて
私の欲しかった状態にベストマッチでした。

110817_082944.jpg

昔のギブソンはアーチがブリキの型押しみたいでステキです。

とりあえずキレイにしたし
弦も張り替えたし
あとは遊ぶだけ…

あ、ピックアップどうしよ?

当方熟女好きでは御座いませんが
この婆様とはイッパイ遊ぼう…
いや、遊んでもらおうと


そう思うわけです。

つじ
tag :
コメント:
これは…(; ・`д・´)…ゴクリ…(`・д´・ ;)

実は、現在マホガニーと謳っているものはほぼ全て
厳密に言うと違う種類の木なんですよね~。
最高級って言われてるホンジュラス・マホガニーが
辛うじてマホガニー属ですがこれも超絶に希少種ですね。
まぁ木目や質感や音色は、よっぽど神経質な人じゃないと
わからないくらいに似ているんですけどね。

ブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)も
輸入禁止の木材として有名ですね。
ハカランダの苗を計画植樹したマダガスカル・ローズウッドが
現在もっともハカランダに近いって言われてます~。
コレに関しては、一般的なローズウッドとの違いは
結構わかりやすいらしいですねぇ~。音色も木目も。

けど最終的に、「丁寧に造ってあるかどうか」の方が
音色に対する影響がデカいと思います、個人的に。


とにかく、L-30早く見たいっす!(苦笑)
[2011/08/19 11:32] | あらぶ #zwnk9l3M | [edit]
材質だ、作りだ、なんだかんだイロイロ言うけど
結局のところオレよくワカンナイんだよね~www

音も、弾き心地も、見てくれも、イロイロ含めて
オレを気持ちよくしてくれるならオッケー!!

なんてね(爆)
[2011/08/20 00:46] | つじ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/67-96304951

<< TOPページへこのページの先頭へ >>