スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

Jimisen Project 番外編 Prototype part2

2017-05-12
もう製作過程なんてどうでもいいでしょ

細かい設定なんて参考にもならんでしょうし
自分なりのセッティングなんて書いても伝わらない部分が多いし
同じようにやったからって全てのストラトがイイ音するわけじゃないし
何より説明用の画像なんて撮ってないし

使用パーツは書きますけど。


画像もSNS等では既出なんで

IMG_8895.jpg
『Jimisen Signature Prototype Model』


使用パーツと共に早速お披露目します

まずはヘッドから

IMG_9080.jpg

リバースラージヘッドに
ナットはGraph tech white TUSQ XL
幅はヴィンテージに倣い1-5/8"

リバーススパロゴは全体的に有り得ない事を重々承知での
単なる洒落ですよシャレ
リバースラージヘッドは...そりゃねぇ

IMG_9081.jpg

ペグはGOTOH SD91シリーズ
ハイトアジャスタブルポストにロッキングのクルーソンタイプペグ

アームを多用した際のチューニングの安定性を考えた選択です

またJimisenさんが達筆なのを知っていましたので
日本刀ヨロシク裏には本人に書いていただいた名前を彫り込み
隣に私のサイン『つじ作』も一刀彫にて入れさせていただきました

IMG_9091.jpg

ネックはWarmoth製Roasted Maple
指板はMacassar ebony
シェイプはStanderd thin
アールはフラット目で10-16"のコンパウンドラディアス
フレットはツバ出し22フレットで6105サイズ

Jimisenさんは実はエボニー指板がお好みということで
ネック周りはプレイアビリティ重視で
ハイコンポーネント系の設定にしました

IMG_9082.jpg

ボディはWarmoth製Roasted Swamp Ash
カラーはSherwood green
ボディ形状はStratocaster Right handed reverse

普段からレフティを弾きこんでおられるJimisenさんだからこそ
迷わず選べるリバースボディ形状です
普通の人はプレイアビリティが著しく落ちるために選べないでしょう

IMG_9077.jpg

ピックアップはLINDY FRALIN Real 54’ set
ブリッジはCALLAHAM Vintage S Model Assembly

このあたりはあくまでヴィンテージを意識しつつ
モダンなストラトになりすぎないようにアップグレードです

IMG_9093.jpg

サーキットは
CTSのリバース250kのリバースオーディオテーパー(Cカーブ)
CRLの5way switch
コンデンサはRetrovibe Cap “F69”

Jimisenさんはレフティをひっくり返して持ち慣れ過ぎておられ
普通の右用ストラトでもリバーステーパーを使われています
尚、音作りの幅を広げるためにリアにもトーンを効かせています

しかしながらリバースボディに右アッセンブリって

IMG_9085.jpg

いったい誰が欲しがるんでしょうか
しかもポット逆回転やし
見ても右なんか左なんか...
弾いても右なんか左なんか...


トコトン『天邪鬼』


IMG_9095.jpg

やはりチャンとしたギターは
チャンとしたケースに入ってるもんだということで
最後にReunion Bluesのケースに入れて完成です

ハードケースは邪魔になるでしょうし
他への使いまわしも考えてギグバッグにしました


一応組み上がった時点で最終調整のために
ライブ後のJimisenさんに時間をいただいて試奏
その日使用されていた機材と同じセッティングで

コリーナストラトも持っていき

IMG_8710.jpg

Jimisenさんのシェクターやムスタングとも
トコトン弾き比べてもらったわけですが...

『もしアルバートコリンズがファズを踏んだら...』

そんな恐ろしい音がしていました

IMG_8957.jpg

レンジが広くて立体感があり食い付きながら
どのポジションでも全音抜ける
文字にするとそんな感じ

あれだけ振り切ったセッティングのギターを
ニヤニヤしながら『楽しそうに』弾くんだからJimisenさんて...

全音抜けるセッティングのギターは弾きにくいハズなんですけど

包丁に例えるならば
『クリーンが柳葉』で『歪は出刃』切れ込む刃の厚さが違う
そしてどれだけ歪ませても切っ先を感じるクリーンな鋭さ
その鋭さは和音でも同じくつまりは刃物のようなギター
(私のような)無粋な人にはただの凶器です

この一振りは上手い人にしかキレイに弾けません
『弘法筆を選ばず』の極意を垣間見た気がしました。

IMG_8964.jpg

まぁ最初にお預かりしたギターの事を思えばそれも納得なんですけど


そう思うわけです。

つじ
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/337-d9300d6f

<< TOPページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。