ストラトってナニ?

2017-04-06
Jimisen Projectにて
ストラトを造ることになったのですが

そもそも...ストラトってナニ?

ってくらいフェンダー音痴で知識も経験もありません
んでもって実機もまともに造ったり弄ったりしたことはありません。


ということで

実験や調整の練習用として
自分用にストラトを一本造ることにしました。


とはいうものの

ストラトなら当然
アッシュやアルダーボディに
メイプル1Pやローズ指板
なのですが

根っからのひねくれ者が選んだボディは

『ブラックコリーナ2P』

いや、たまたま手に入っただけです

んでネックは

『左用メイプルでエボニー指板』

いや、たまたま手に入っただけです

どちらも中古なんですけどね
タイミングが良いのか悪いのか
海外で車の部品を探しているついでに
見つけたものをついポチッとね

中古なんで状態は良くなかったですけど
どちらもWarmoth製でモノは良かったです。


ボディもネックも適当にリフィニッシュして組み込み

IMG_8710.jpg

ボディは導管を残してネックも同じく
極薄ナチュラルクリアフィニッシュ

IMG_8713.jpg

製作過程はもうエエよね
それに合わせたパーツは

IMG_8695.jpg

リンディフレーリンピックアップ
カラハムブリッジ
ゴトークルーソンタイプペグ
ノーマルストラトサーキットに
リアトーンを追加したくらいで
基本は次回造るストラトを基準にしました

IMG_8712.jpg

あくまで『調整の練習用』なんで
ヴィンテージ系を意識しつつ
Jimi Projectを踏まえてのチョイスです

IMG_8714.jpg

今回大幅な加工をしたのは
チキンノブのディープ&スモール加工くらいでしょうか
他はほぼボルトオンです。


画して『Korina stratocaster』は形に
正式には『Korina partscaster』なんでしょうかね

やっぱりコリーナの音が好きです
軽いエア感というか奥行感みたいなのがありながら
ミッドのイナタイ感じがストラトになってもコリーナを主張してます
逆に『ストラトらしい』音はしませんけどね
欲を言えばハイにもう少しガッツが欲しいかな。


しかしながら


ここまでは誰でも出来るんですよね...


『誰でも』


誰でもストラト型には組めるけど
誰でも楽器にできるわけではない
それがストラトキャスター

調整ができる人はどんな安楽器でも
それなりに楽器にしてしまったり
調整できなくても弾きこなせる人は
どんなダメ楽器でもそれなりに音楽にしてしまうんですよ

フェンダー系の楽器の面白さ(煩わしさとも言う)は
ココにあると思います

今回は製作側の立場にありますので
楽器として成立させるにはこの後の調整がキモでして

絶賛悶絶中!!

その練習用に造った一本なのでそれでイイわけですが
それもナカナカ楽しゅう御座います

とはいえあくまで練習用でフィードバック素材
遊んでばかりいちゃイカンですな。


本番が控えてますのでね


そう思うわけです。

つじ
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/334-ff378f08

<< TOPページへこのページの先頭へ >>