捷専用機

2016-12-03
今回はaviciベース三兄弟の末弟が
キッチリ男を張りやがりました。

IMG_7749.jpg

夏頃から始めて約4か月間
片道30km超のウチまで通うこと数十回
楽器を分解したこともなく創作経験は当然皆無
ガンプラすら作った事がないほどの製作経験値で

初めての作業に戸惑いながら
手本を見せてもらい見よう見まねで
何度も何度も同じ作業を繰り返し
何度も何度もダメ出しを喰らいながら
一切の不平や不満愚痴はこぼさず
というよりそんな気すらおこさず
来る度来る度やり続けていました。

IMG_7747.jpg

このベースに関する
キッカケやストーリー
メンバーの心意気
意地や男の張り合い

『お前が納得するまでやれ』

私はクオリティに関してはそれしか言いませんでしたが
彼の行動は俺を十分納得させるものでした。

IMG_7746.jpg

故に

今回も『aviciクオリティ』を称して良い一振りだと
私は思っています。

IMG_7755.jpg

この『捷専用機』に関しては
塗装(磨きを除く)と分解・組込以外はヤツが全て作業しました
デザインや色に関しては私は一切口出しをしていません

私は製作作業のやり方と工具の使い方を教えただけです。

IMG_7754.jpg

イメージソースは『百式』
ガンダムらしいですが私はよく知りません
わかる人には納得なんでしょう。


最後に俺から

男を張った三男への応えとして
アルミ叩き出しのジャックプレートと

IMG_7757.jpg

『専用機の象徴』ツノ型トラスロッドカバーを製作

IMG_7750.jpg

全て組み込み完成です。

IMG_7744.jpg

ノブはウチに転がっていたものを彼が選択

IMG_7752.jpg

もう原型すら思い出せませんが
元々は真っ白な
B.C.Richの5弦WARLOCKです。


ごらんの通り
ほぼ見た目だけのカスタムですが
ヤツにはそんなこと関係無いくらい
魂と気持ちの入った一振りになった事だと思います。


15327298_1813915838896110_4234034779809556397_n.jpg
2016.12.04 『捷専用機』デビューライブ at 稲毛K's Dreamにて

時間やお金や手間を惜しまずかける意味が
製作の経験値や完成した『捷専用機』以上の
ナニかを彼に得させたのではないかと


それこそが『aviciクオリティ』なんだと


そう思うわけです。

つじ
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/325-5933221d

<< TOPページへこのページの先頭へ >>