ModerneをMoreモットMod. part15

2016-06-06
さて

無事に手元に届いたので分解です
前回にて既出の画像ですが

Lindy Fralin p-92

IMG_5767.jpg

カバーを外して

IMG_5768.jpg

裏からも見てみる

IMG_5769.jpg

加工すればあのBigsbyユニットに入りそうです


早速加工


まずはベースプレートを作ります

IMG_5771.jpg

元のベースがスチールではなかったので
通電すればイイんだろうということで
銅板で作成しました

後ほど真鍮板で作り直したのですが
過程の写真を撮り忘れました
形は同じです

Bigsbyユニットはピックアップが納まるように
穴を拡大し天面をフラットに加工

IMG_5859.jpg

それに合わせた画像右上の真鍮天板を作成

IMG_5858.jpg

ユニットに圧着して蓋をします

IMG_5861.jpg

周りを削り込んで研磨し大枠は完成

IMG_5870.jpg

ベースプレートにアースを落として
ピックアップを挟み込んで組み込み

IMG_5874.jpg

完成です

IMG_5873.jpg

冷蔵庫の余りモンで料理ができる人には
クックパッドくらい簡単レシピですね

まぁ…

こういうのは考える時間の方が長いですから。


せっかくなのでフロントにもP-92を仕込んで
多少の調整をしながらギターに組み込み
弦を張ります

IMG_5877.jpg

んで音出し

IMG_5879.jpg

むむ…

P-90系とはいうものの
雰囲気はよりシングルっぽいかな
P-94ともまた違うベクトルの味付けで
これまたなかなかエエ塩梅です

例えるなら

P-90が醤油ならば
P-92は醤油バター
P-94は醤油マヨネーズ

あくまでベースは醤油
そこに付加するバターもマヨも同じ乳製品で油分ながら
コッテリとコク出しの方向性が…

イヤ

P-90が明太子ならば
P-92は明太バター
P-94は明太マヨネーズ

単品でもオイシイ明太子という素材を元に
明太バターは洋を加える事で不思議と和に馴染み
明太マヨはさらに洋にベクトルを…

って余計わかりにくいか

明太マヨはどんな料理にでも合うらしいが
P-94は俺が好きなだけやし。


んでもって

フロントはやはりP-94の方がイイ
ということで再度載せ換え

IMG_5881.jpg

もう一度音出し







イイ。


フロントとリアの住み分けもイイ
バランスもイイ
ミックスもイイ
オールOKですよ

IMG_5891.jpg

俺は単純に
マグネットポールピースより
スチールポールピースのシングルの方が
好きなんじゃなかろうかと思ったりしました
というか混在するとバランスが取りにくくなるのかな?
イイ結果が出たので今回はそこまで追及しませんが。


んでもって

それに合わせてポットやコンデンサーなど
配線関係のサーキットも数種試しながら決定

好みの音に仕上げて完成です。


全体

IMG_5883.jpg

右下

IMG_5881.jpg

右上

IMG_5893.jpg

左下

IMG_5886.jpg

左上

IMG_5887.jpg

コントロール付近

IMG_5890.jpg


後はポールピースの調整で追い込むくらいです

とりあえず現状満足ですが
次いつ弄るかワカリマセン

趣味って変わるもんね。


なにより

『嗅覚』ってバカにできんね

『料理の味付けはファッション感覚』
と言い切った男をバカにはできんなと


そう思うわけです。


つじ
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/315-947eef57

<< TOPページへこのページの先頭へ >>