スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

へヴィでメタルなギターpart1

2016-03-22
当時高校二年生の彼は
とあることがきっかけで
このブログを読んでくれました

ベーシストである彼の最初の興味は
ピヨ彦のベース製作記だったんじゃないかと思います
しかし読んでいるうちに興味が出たのでしょうか
他の記事も併せて読むうちに
全ての記事に目を通していただいたようです。


そして盛大に勘違いしました

『こんな大人になりたい』と

よせばいいのに残念賞。


それ以降
彼はことあるごとに私にダイレクトメッセージを送り
人生の相談やら報告をしてくれるようになりました

そんな見たことも会ったことすらもない彼が
この春無事に高校を卒業し
4月から就職することになったというではありませんか

そんな彼に私はこう伝えました

「これも何かの縁やと思うし、祝い贈るから住所教えてよ」
「何か希望に沿えるもんあれば指定してくれてもかまわんけど」
「持ってるベース弄ってくれとかパーツとかピックガード造ってくれとかね」

すると彼はこう言ったのです

「先日ジャンクで買ったギターを弄って欲しい」と…


正直萎えました。


今回は依頼品ではなくプレゼントです

私の手間・時間・お金のかけ方では
ジャンクギターを弄っても
それに見合うだけの音になることはまずないし

素材としての価値や情もないようなギターを
手間・時間・お金をかけて
本当に弄る意味があるのだろうかと

逆に試されてるんじゃないのかとも勘ぐりましたが
今までの純真無垢なメッセージを考えるとそれはないかと

第一にベーシストにギターを弄ってあげたところで
貰ったほうも左程嬉しくないでしょ


しかしながら

『男に二言無し』

引き受けることにしました。


そして送られてきたギターがこちら

Fender Japan ST-57
01d1ca65c3048f9f4c3c997e0c6d85ff95ea7927e0.jpg

Sシリアルのどうってことないギターです

ピックガードは塩ビ板に手描きの筆塗り

011ca4c44a582645e7f781bad285e7db87db4e74fa.jpg

ポット類のネジはなく可動部もサビサビ

0193111bd99045bc3f445c09dcab0accdd05ad9576.jpg

裏にも落書きで非常に薄いイナーシャブロック

01d1acd4a7af5211b34e3d02cfb1f6c8a2db106d25.jpg

ありがちな豆ポットとスイッチ

016f5cde2d979f9fa9ebc51b0ae8facd3465b0ff04.jpg

Eのペンタばっかり極端に減ったベコベコフレット

017ec60d974e875a951ddc910fc565ea467f801a7b.jpg

電装系が壊れていたので
生で試奏してみました

ネック・ボディともに特筆できることもなく
ひとことで言えば…


『ゴミ』です


分解したところ

0127a4c72f9465b86a921d59110766cdb28320ad69.jpg

廉価版の割には高い工作精度というボディとネック以外は
全くもって使いモンになりそうにありません

ここで私は考えました


『絶対に後悔させてやろう』


「もう少しイイギターにしとけば良かった」
「ベースにしとけば良かった」
そんな風に思わせてやろうと。

そんな事からこのプロジェクトは始まるわけです



大の大人が
歳の半分にも満たない人間に
自分の製作モチベーションとして
『絶対に後悔させてやろう』だなんて

ヒドイよね


そう思うわけです。

つじ
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/302-514b53e5

<< TOPページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。