スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ModerneをMoreモットMod. part9

2016-02-20
一番懸念していた個所が
なんとかなりそうなので
他の部分を加工を…。


まずは木加工

ハムバッカーからテレシングルに変えるので
ピックアップの逃げをザグリます

01d254b9ff874db3d78ffd3fe19623052d3047080b.jpg

久しぶりの彫刻刀です

コントロールの穴埋め

01cd805221290cc44bd522ae49e313387e33d71846.jpg

色塗り等が面倒なので
切り落としたボディ材をカットして
タイトボンドではめ込みました。


そうこうしてると
ピックアップが到着

0104ade1530e90c921fa0f62854c7a304c2bc8e61e.jpg

みんな大好きリンディーフレーリン
アレ?オレだけ?まぁまぁ…

一種類につき種類も少なく
ビンテージ系の間違いない音出るんで
ファーストチョイスとしては
迷わなくてイイんですよね。


そしてピックアップに合わせて
ビグスビーの加工を

リンディーのテレキャスターピックアップネジ径は

01ce07975747d6d4f39b170718e4419bae809fc5dd.jpg

UNCのNo.6だったので
チョッと長めの皿ネジを購入
近くのホームセンターに売っててヨカッタ

0156b80c1369a166dea5b5820210be6b443140acf9.jpg

ビグスビーのピックアップネジ位置に
穴をあけて皿ビスが納まるようにテーパー加工

01ae95cc06f3eca9c03e2e7ceed853f05c354c280b.jpg

ビグスビーの高さがあるので
ギリギリまで弦高を低くセッテイングできるように
皿ネジをツラに納めています。


その他ビグスビーの加工も

01bf1eeb5738ad2a78b9fd9a7bbe86fc17d0accfe4.jpg

まずは
弦交換がやりにくいので
弦留めのシャフトを穴あけ加工
弦を通して固定できます

つづいて
演奏時に諸々干渉しそうなので
アーム受け部の整形
360度回るようにしました

ついでに
ニードルベアリングの分解洗浄グリスアップも

そして
テールピーススタッドに付けれる
便利なモンが売ってるんですね
テンションバーを付けました

しかしながらそのままではアレでしたので
バリ取りやらのチョッとした加工をしてます


そして…


仮組みしてあるのですが

今現在
見慣れてるはずの私ですら
エキセントリックどころか
『やりすぎた感』満載でございます


メンバーに
『いつものことでしょ』
なんて言われるんだろうなぁ


そう思うわけです。

つじ
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/297-32c48737

<< TOPページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。