ModerneをMoreモットMod. part1

2016-01-22
昨年末にとある造形屋と出会いまして
彼と話をしてイイ刺激を頂いたのですよ

世泪クン
https://twitter.com/Cellmonmon

技術に対する貪欲さとか
挑戦してみるという探究心とか

正直忘れかけてましたね
『面倒臭い』という諦めた言い訳してた気がします

環境なんて俺の方が全然整ってるし
整えれる余地もあるのにね。


そんなこんなで思い立ちまして


ウチに転がってるウッドベースを…
と思ったけどどうもピンとくる案が出ない。


そこで以前弄ったコイツ
Gibson Moderne XIを

0126aa79b92e054f0b2d294b99300f58883c89b328.jpg

過去記事
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-219.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-220.html

さらに弄ろうと思ったわけです。


エキセントリックなギターを
さらにエキセントリックにするべく選んだパーツは

B16N_front.jpg

Bigsby B16

あまり見かけないタイプのビグスビーですが
以前、造形がステキだなと思って購入
そして放置していたものです。


このビグスビーが一般的でない理由は
実際に手にとってみれば分かります。


まず、テレキャス用なのにテレキャスにポン付けできません

そのままではピックアップ取り付け位置が高すぎて弦に干渉するので
ネックに角度をつけてセットしないといけないんですよ
海外ではこのビグスビー専用のクサビ形のシムが売ってるほどです。

01c2e18a87f2f4451c64dc4d22e77a36476ebc9a7f.jpg


そしてエンド部分
この折り返し部分をボディーに沿わせてエンドで止めるはずなんですが
一般的なテレキャスボディーにあてがってみると
ボデイエンドからの距離が足りません
ピックアップキャビティーとブリッジがズレてしまいます。

01fcd4dd20db7e4923d9b2ba6668b12490d530b6fd.jpg

つまりテレキャスター専用品にも関わらず
テレキャスターに着けるのも相当な加工が必要になるわけです

そりゃ日本の代理店も手を出さないハズです
専用品なのにこんなのでクレーム受け付けてられませんから。


ただ…

鋳物でカッコイイんです。


購入・放置した理由はここにあるのですが
今回どうせ加工するならギターは何でもエエやろと

フェンダー系の角度の無いネックよりは
ギブソン系のセットネックの方が
角度も付いているのでやりやすいかなと

RSのTeebyrdでギブソン系マホボディと
テレアッセンブリーの相性も分かりましたし

エキセントリックなギターに
エキセントリックなアームが着いてたら面白いかなとか

こんな無理するの世界にひとりかも知らんなとか

そんなこんなで無理やり装着することにしました。


我ながら相変わらず安易な発想だなぁと


そう思うわけです。

つじ
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/289-6238b5f1

<< TOPページへこのページの先頭へ >>