ピヨ彦モデルpart18

2015-02-16
今回で【ピヨ彦モデル】製作編も
とうとう最終回で御座います。

前回で木工が全て終わりましたので私はひと段落
ここからは『音』に重心を置いた最終調整に入ります。


今まで長きにわたり製作ブログを書き続けてきましたこの【ピヨ彦モデル】も
この最終調整を経てやっと『木工作品』から『楽器』になるわけで

いくら基が良い楽器だからと言っても素人がギッタギタに切り刻んで
変わらずイイ音が鳴るわけが御座いません

ここからは『音のプロ』にお任せしようと思います。

というとこでaviciの『音楽』担当
スーパーバイザーの高橋センセの登場です。


といっても

これがイニシャルの設定になるわけで
これからどう改造するかはピヨ彦次第
というところなんですが…

【ピヨ彦モデル】の最終回ということで今回は画像多めで
少し動画も交えながら綴りたいと思います。


早速、高橋センセとピヨ彦と私で
スタジオにベースを持ち込み
実際に大きい音で鳴らしながら調整

とりあえず音を鳴らしてみることに

01d5a3b8681368042460b1be11cec22f1e9cc02d4c.jpg

高橋センセの楽器としての第一印象としては
「案外上手くできてますね」

かろうじて楽器として成立するクオリティは保てたようで一安心です。

0185ae935aa4e6c4834673b8c9a6b79ca571410247.jpg

早速ネックとブリッジの調整に取りかかる高橋センセ

0143d7c6220465045977607b45d98d5e45c8b04bed.jpg

その間ピヨ彦は出音のバランス調整用に持っていった
私のギターで遊んでおりました

014b99fe37bff7332caf5181877a2160f27d2791e4.jpg

ピヨ彦と何度も同じステージに上がっているからこそできる細かい設定を
ピヨ彦に合わせて追い込んでいきます

01ee5721d72621a53c94bc5966ba380e8852b7be31.jpg

オクターブ調整はいったんレギュラーチューニングで設定です。


プレイアビリティが満足できたかどうか確認してもらいましたので動画でどうぞ。



ピヨ彦が「イイっすね」といっておりますが
彼は満足しておりません
表情と口調でわかります。

何が?

音が。

だぁーかぁーらぁー
確認するのは弾きやすさだと言ったろうに…

さすがaviciのメンバーですので
このあたりは何も言わず阿吽の呼吸で次に進めます。

0116a9fd06be59a44892b056a5541011a14135a836.jpg

バックプレートやネックジョイントビスの締め付けを確認しながら
部分的に締めたり緩めたりして出音の調整です

0169780ed6eeecfe7510af10e14277f787cf1a9598.jpg

調整しては試奏を繰り返し
ギターとの帯域バランスを確認しながら
鳴りと倍音をコントロールしていきます

01f83bdedbd135d70b355732e49dbb46298ec116fd.jpg

高橋センセもこんなヘンな構造の楽器を調整するのは
さぞかし大変ったでしょうがそこは流石プロ!

私のような素人にもわかるレベルで音が変わっていき
みるみる追い込んでいってました

最終的にはここまで追い込みましたので動画でどうぞ。



聞いてて気持ちイイです

そしてなにより
ピヨ彦のリアクションが全てを物語っております。


試奏を終えてそれぞれの感想がポロリ…

高橋センセ曰く
「ローミッドが上手く前に出て締まったね!」

ピヨ彦曰く
「ソレ最強じゃないスか!」

オレ内心
「よかったぁ…楽器になって」


ということで
ピヨ彦のピヨ彦によるピヨ彦の為の

【Lightning Bass ピヨ彦モデル】

ピヨ彦の唯一無二が完成!!


とりあえずお疲れさん会ということで
昼間っから個室で焼き肉なんぞを食ったりして
なんとなくクッチャべって解散

ここからはピヨ彦宅での
サービスショット?です。


【Lightning Bass ピヨ彦モデル】

やっと楽器として納品できました

0172648f15fcf72ce557d5706433716cfb5c21afdc.jpg

元のジャズベとこれだけシェイプが違います

019818448e71cea1ef342a5d6f3775a6a7f3c3050f.jpg

左上から

019dbe5ef86eabbda1f72f96006c569700ceda99ac.jpg

左下から

01f03d26cc67ffb5fbf78bdde35f1398ed2934fd99.jpg

右上から

01d097380a39741cbe8559cf4a70651ab79a9772eb.jpg

右下から

01cf01f2f087c50e3957f9a7e76c8d545125bafd56.jpg

ピヨ彦とLightning Bass

010077a86dcffb3296a55b7692925d4119e53c3ca7.jpg

格好をつけておりますが

01be724cdea2fc81f827dc031214559059ee8f545b.jpg

もっこり

014c9d9f4478d0def84ed9c63fde424b4ef43ceacd.jpg

モッコリ

0140<br />e18fbb05cbf43d8fcc12a2560e293ba1e7ea7d.jpg

視線クレてモッコリ

013e94da384d31b6b998175305c3c24c375af14ec3.jpg

オーナー:ピヨ彦
http://twitter.com/piyohikocsss

製作:2zee(つじ)
http://twitter.com/avici2zee

スーパーバイザー・調整・セットアップ:Kaetsu Takahashi(高橋)
http://twitter.com/sbctn
(プロとして仕事は受けるそうです)

All from avici.

(質問等はそれぞれにお問い合わせくださいませ)


長々と書き綴りましたが
この【ピヨ彦モデル】製作編
今回を以て最終回でございます

我ながらよく書いたもんだ。


つきましては大勢の方々に読んでいただきまして
大変ありがとうございました

あくまで『バカがやった事』と素人様には多少のご参考に
玄人様には多少の笑いになったならば幸いでございます。


今回も良い機会と
愉快なメンバーに恵まれ
楽しく工作させていただきました。

ありがとうございました!

おかげさまでいいヒマつぶしができました
楽しゅうございました。


さて、【Lightning Bass】の一般への公開は
2/22(日)越谷easygoingsにて
avici指名でドリンク代のみで入場無料
我々への連絡やチケット予約は無用です。


その音とピヨ彦の『唯一無二』を
その耳で確かめたければ是非!


ま…

たいしたことやんないから別に来なくてもイイけどね。


そう思うわけです。

つじ
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/249-b985c73c

<< TOPページへこのページの先頭へ >>