スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ピヨ彦モデルpart16

2015-02-12
次は各パーツの圧入接着です


今思えばコレが原因なんでしょうけど

いや

インレイなんか素人がやろうと思ったのが
大きな間違いなのかもしれませんが…

というより

『練習してからにせえよ』

の一言ですね、ハイ。


何をミスしたかと言いますと
接着剤の種類とそれに伴う手順です。

この時点でメイプルの粉をエポキシに混ぜて
はみ出すくらいの量を使って挿入し
後から余分をエポキシごと削れば
少しはマシに仕上がったのだと思われますが

私が選んだのは『木工用ボンド』

木工用ボンドでパーツを圧入し
出来た隙間をエボニー指板の欠け修正みたいに
隙間を後から埋めようと思ったんですよね。


結果的にいいますと

隙間に入り込んだパロサントの粉が
オイルを吸って発色しやがって
埋めたメイプルより強く色が出やがるんですよ

『後悔先に立たずpart2』


はい、残念賞です。



ま、とりあえず作業を見ていただきましょう
これから先は失敗例として読んでください。



今回もキツメで造りましたので
叩き込みではなく圧入接着です。

ヘッドの溝底面に木工用ボンドを
はみ出さない位かつパーツ側に密着するように塗り
クランプで圧入していきます

IMG_0852.jpg

圧入する際にメイプルが欠けないように
『ノ』の字の部分から入れました

約2mm程ハマっているのが分かると思います。


他のパーツも順次圧入接着していきます

IMG_0853.jpg

全て終わりましたら最後は丸部分です

ヘ音記号の丸の部分のパーツは
ボール盤にてきれいに削れましたので
溝掘りもドリルでやっつけます

この場合もメイプル欠けが恐いので
回転数も削るスピードもゆっくり
カンナで削るようなイメージです。

IMG_0855.jpg

全て入ったのがこの状態です


初めての作業にしてはボチボチの仕上がりかと思いますので
今思えばここで整形してやめておけば良かったのかも…

この時は完全に調子に乗っており
後々こんなことを考えるなんて思ってもみなかったので次行きます。


ヘッド面より出ている余計な部分を削って
ヘッド面と均一の高さにします

IMG_0857.jpg

この時点で隙間が目立ってきています
隙間に入ったパロサントの粉も変色して
輪郭がボヤけた状態に

不安がよぎります。


このヘッドとパーツの隙間に
メイプル端材を削った粉を入れ
瞬間接着剤で固定します

乾いたら余分な部分をペーパーで整形

このときの画像が無いのが焦っていた証拠です。


その後1000番手まで磨きあげ
木彫オイルでフィニッシュ

IMG_0859.jpg

ん…

メイプルの色が飛んでる。

実はオイルを入れた時点で
色が飛んでいるのは分かっていたのですが
修正する手立てが無いので経時変化に期待してみました


丸一日放置した画像がコチラ

IMG_0869.jpg

ヘッド全体像

IMG_0865.jpg

色も隙間も馴染むことなく
メイプルの導管にも
少しパロサントが乗ってしまっています。


ってことでインレイをする際には

濃い方の色は隙間のごまかしの効く暗色で
塗料や接着剤が浸み込んでも色が変わらない系のモノが

薄い色の方には粉が入らない目の鉱物や人工モノ
若しくはクリア等を吹いて一度処理をしたモノの方が
向いているという事が勉強できました。

結果として工業製品のインレイにおいて
バックが塗りつぶしやエボニー、ローズウッドである意味や
インレイに貝やセルロイドを使う意味も理解できました。


今回のインレイに関しましては

残念ながら内心自分的な不満も残しつつ
再度フチをドレメルで彫り直して貝を埋めてみる等
これを修正するほどのスキルは持っていないため

そんな現状をピヨ彦に告げ
実際に見に来てもらいました。


ピヨ「おおおぉぉぉぉ…」
オレ「ゴメン、コレが今の俺の限界やったわ」
ピヨ「…イヤ…完璧っ。というよりパーペキです!」


なんだ…

気に入ってくれたのか…

よかった…


それでも

自分としてはスッキリ納得できないモヤモヤ感を残しつつ
どこかのアニメの主人公のような安堵感も感じつつ
とにかく胸を撫で下ろしました。


ちなみに目敏いピヨ彦はすぐ気付きましたが
ストリングリテイナーのネジ穴をパロサントで埋めておきました。



さて、ここで

スーパーバイザー高橋センセのご都合がつきまして
2/15に最終調整して戴けることになりました。


ひとまずはその調整を以て

『【ピヨ彦モデル】完成』


お披露目は

『2/22(日)越谷easygoingsでのaviciライブにて』
詳細:越谷easygoings
(ちなみにaviciの方針で「avici(アビ)見に来た」でどなたでもチケ代はフリーです)

という日程なわけですが


その前にもう一仕事ヤッつけておきたいことがありますので

それは次回にでもご報告をば。


うーん、引っ張るねぇ


そう思うわけです。

つじ
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/247-02e5c4c9

<< TOPページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。