スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

20万円

2013-02-19
例えばね

ある若者が
革細工の仕事を始めたとする。

1個500円のリストバンドを作るのに
それだけでは食えず
昼間は普通のアルバイトしながら
夜な夜な作るわけですよ。

原材料費やら消耗品費やらいろいろ使って
もちろん時給なんか出るはずもなく
1個売れてやっと100円の儲けが出るとしましょうよ。

たった100円。


そんな奴と一緒に呑みに行ったとして


大人として
そんな100円使えさせられます?


俺だってバイトもしたし
お金に困ったこともあった。

どうしようもなくて

言えないような仕事をやりながら
帰る家すらないようなこともあった。


でもね

お金の価値を知っているからこそ
『今は』若者には頼れないんですよ。


呑みに行っても金出させられないですよ。

デモのCDでもタダではもらえないですよ。


同じだけ稼ぐのに同じ方法でやるなら
誰だって同じだけ苦労しますよ、そりゃ。

でもね

まがりなりにも先輩なんで
そこは格好つけさせてもらいますよ。


若者には
「いつまでも払わせてもらえない」という苦痛を
「いつの日か」というモチベーションに変えて


俺には手の届かない人になってください。

そん時は百歩譲って…


割り勘でもイイかな。


だから俺は
若いやつらと会うときにはね
無理してでも財布に
現金20万円とゴールドカードを
ねじ込んでいくんです。


ま、全然無理じゃないんやけどね。


そう思うわけです。

つじ
tag :
コメント:
またしても

言うならば



俺はイヤだね
割り勘

天の上のヒトだろうが
メンツを保たせてくれないやつは
信じられんよ

カッコつけさせてくれよ(笑)
男はメンツで生きているんだからよう(笑)


若者はね
奢ってもらえば良いんですよ
頼られるのが嬉しいんだから

ただね
お金を出していただくのがありがたいと思うなら
自分の出来る範囲で返せば良いんですよ
これは忘れてはいけない



昔20代の頃
舎弟分が沢山おりまして・・・
彼らに言った事なんですが


『頭使うな気使え』
『金使うな体力使え』

俺の前で財布を出すんじゃない
お前らは
「ハイ」と
「ごちそうさま」だけでいいんじゃ



今や親の後を継ぎ
まかりなりにも社長になったもの数名
雇われバーテンから自分の店を持つ者も

給料が安く生活出来ないと泣きつき
自分の会社に入れた者もおりますが
立派に自分の家を持つようになりました
ソイツには言いますよ
「お前の家は俺の家
ちゃんと天守閣に俺の名前入れとけ」


返事はやっぱり
「ハイ」
です

皆30代半ばを過ぎましたが
気持ちよくおごらせてくれます


そして気持ちよくゲンコで殴らせてもくれます



やっぱり男として生まれたら
カッコつけられないとね

後輩から
「ああいう人になりたい」
と思われても
「ああいう男にはなりたくない」
と思われたら

終わり


ですね

終わらないように
日々精進

そう思うわけです。

トオヤマ
[2013/02/20 21:47] | トオヤマ@avici #- | [edit]
コメントありがとうございます!

『割り勘』は
『かかってきやがれコノヤロー』なんで
譲るつもりは毛頭ございません。

いつまでも「かなわない人」として
日々精進する所存で御座います。
[2013/02/21 02:14] | 2zee #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/168-9ae2db99

<< TOPページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。