スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ラブソング

2013-02-03
表現者が
ステージに立ったら
表現したいものがなくてどうする。

誰しもが持っているであろう
『自分の感情』すらも表現できないような人間が
他人の心を揺らすことなんて到底無理じゃね?

心のない
喜怒哀楽のない
そんな曲や演奏を
見ててもやってても
楽しいもんかね。


リアリティーがないから
何も感じないんだろうよ。

そんな音楽がロックか?


歌詞や曲調なんか関係なく

個人の状況なんかも関係なく

誰かの心に届く歌を

そんな『愛の歌』の一曲も
やれないようじゃ
ステージに立つ者としてはどうかな。

せめて自分自身の心にだけでも
ザックリ刺さる『愛のある歌』を歌ってる人は
放っているオーラが違うような気がする。

まずは…

等身大のラブソングを歌ってご覧よ
曲調なんか関係なくラブソング。

等身大のね。


そう思うわけです。

つじ
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/161-18eb96f9

<< TOPページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。