○○大作戦

2011-02-20
アンプ軽量化大作戦

ってことで、
とりあえずどれくらい軽量化できるのか計算してみました。

アンプは中身が11.6kg、外装が6.4kg、合計18kg

外装の素材はコンパネのような合板で基本は約15mm。
たぶんキャビと見た目を合わせるためだと思いますが
見えるところは部分的に30mm位に増してあります。
この素材が変わるとどれくらい軽量化できるんでしょうか…

アンプの外形から計算します。
まずは寸法を測ってみると、W55×H24×D24(cm)
おおざっぱですが側面2枚と上下面+背面で5112(平方cm)

アルミで作ったとすると比重が2.7なので…

1mm厚の場合
5112×0.1×2.7≒1.4kg

2mm厚の場合
5112×0.2×2.7≒2.8kg

3mm厚の場合
5112×0.3×2.7≒4.2kg


FRPで作ったとすると比重が1.6位
(ファイバー含有率にもよりますが)なので…

3mm厚の場合
5112×0.3×1.6≒2.5kg


鉄またはステンレスで作ったとすると比重が8.0位なので…

1mm厚の場合
5112×0.1×8.0≒4.1kg


アンプの中身が11.6kgあることを考えると
選択肢はこんなもんでしょうか…


ちなみにコンパネで増し無しでやった場合は…
90×180×1.2cmで約13kg(JAS規格)なので比重は0.7位
5112×1.2×0.7≒4.3kg

ちなみにちなみにその他の木材は…
使用に耐えうる硬さのものとなると比重0.5~0.7位
素材によって厚さも変える必要があるだろうため計算は割愛。
それより素人工作での強度が心配。
底が抜けたらシャレになんねーし。


見た目で選ぶとアルミか、オークとかマホガニーの木材なんだけどなぁ。


うーん…



さて、どうしよう?

つじ
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://avici.blog.fc2.com/tb.php/10-3d199c95

<< TOPページへこのページの先頭へ >>