スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ModerneをMoreモットMod. part4

2016-01-30
もう目新しい事では無くなってしまいましたが
今回もピックガードはアルミで造ります

アルミといってもイロイロありますが
ホームセンターで売ってるごく普通のアルミ板です。


今回はビグスビーのゴツさを強調するために
いつもよりチョッと薄めの1.5mm厚にしました
色つきのクリアファイルで型紙を取って写します

019ab598e5565722bc545962dc838fa00d2797880c.jpg

まんまコピー品を作るわけではないので
大事なのはネジ穴と他部品(ピックアップやブリッジ)との
取り合いの部分ですので他は適当です。


ザックリ切り出して削りこみの基準となるネジ穴をあけ
ボディーにあてがったうえでフロントピックアップの逃げを削ります

01b9a77c1d62032d978952c448aa0e22ced0c18fd5.jpg

フロントピックアップが納まったところで
ビグスビーの逃げを罫書きます

017ef617ab4007f66af370090db25a5d9205d6408f.jpg

罫書き線どおりに粗方削った後
現物に合わせてピタッと納まるように削り込んでいくわけですが

現物合わせで削り込んでいくのは
失敗しても取り返しがつかないという意味では
設計図通りに造るより気を使う作業かもしれません

017b1c66b521e3bf3cc24da751474e8a8ac8348ff8.jpg

如何に自分が納得できるレベルに仕上げるかの
それこそ自己満足の世界で実に楽しい作業です

015e9103e13ee6cedfe091090222740da544be266f.jpg

ほぼ納得いく形にできたところで
ギターにあてがいながら整形
ネジ穴とフチの面取りをして
ピックガードの原型が完成です。


ギターに当てがって
様子を見ながらデザインを考えます

0156cd9c255e689da1b241d9030e4f46e4f7a389b2.jpg


デザインに関して言えば
私は必ずマクロ(全体)のデザインを優先しています
ミクロ(部分の練上げ)からトータルデザインができあがる事は
ほとんどありません

トータルデザインの中に如何にそのパーツを納めるか
パーツ単体の美しさよりトータルバランスにおける
そのデザインの重要性に重きを置いているからです

毎回行き当たりばったりな作業ばかりしていますが
このアホな頭の中に最終のトータルイメージがあるので
大きくズレたりブレたりすることはまずありません。


これもハミ出過ぎた自分の人生との
バランスを取るためかも知れませんが


なんちゃって


そう思うわけです。

つじ
tag :
<< 前のページへ << TOPページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。