WISH BASS改 part6

2015-06-30
ネックがほぼ決まったので
指板の方も合わせて整形していきます

ネット幅42mmブリッジ1-4弦間60mmで設定し
指板面を整えるという作業です。


普通のベースならRの付いた当て板を使うのでしょうが
今回は平板を当てて感覚でRを付けています

フレットが無い分シビアではありませんし
シビアにするほどのベースでもありません

またシビアに調整したからといってネックが反ってしまえば
アイロンあてるか再度削るしか方法がなさそうだからです。

ネックをあれだけ削った後では
さほど変化のある作業ではないのですが
ボディの接合部分だけは特殊になります

016c44aba7bbcc1820a4aec7fff6d4c23b5fc40208.jpg

画像①②③の部分がそうです

①アップ

018bab5a5ae354da2ae420c0ef6f05e274bea68d69.jpg

②アップ

01b33da23183bb483b6ea1f22bb5ac5f8823e15e03.jpg

③アップ

01e52985cf49d462f056e6f090d419ef25273eee1d.jpg

ボディが邪魔でシェイクグリップできない部分なので
そんなにキッチリ整える必要もないかと思い
少しスムージングしただけで残してあります

というのも指板の接着面が荒く
横から見ても接着剤と隙間が見えており
ヘタに削ると傷口が広がりそうだったからです

その他の部分もザックリ整えて
次はコントロール部分の設定です。


既存のキャビティでは圧倒的に狭いので
拡大する方向で検討しました。


取り急ぎオーナーに確認した幼稚園レベルの絵で説明しますと

現状では赤点線部分だけでしたので

010714b3a435e3d98be91345868772f20629e58043.jpg

赤実線部分までボディを切り

013a63b1de13174813218e20b620416d1ff521c4d7.jpg

紫実線のようなプレートで表裏から蓋してしまおうと

01d989c3448c322c3aee69e42c5128e7cb1ed0b7db.jpg

そういう算段でございます。


オーナーの了解のもと穴を広げていたら
カッタウェイ部分がバックリ割れまして…

018f7699f9b52dc339dd501e721b725ba0ea4437d7.jpg

お、お、オーナーが…
こ、こ、壊してもイイって言ったモン。

0180bb30144ab5a0755c1dca7500401da109a363ee.jpg

接着だけでは不安なので2mmアルミ板で補強しておきました
今見てもテキトー過ぎる。


んで穴開け終わった状態がコチラ

01451c52b1f64e0acec0a29d103b0afa993be504a5.jpg


そして真鍮プレートで蓋を

01a04459a0c758b2faee94dd505896ac8fe2b0ffba.jpg

ここにコントロール部分が実装されるわけです

メカらしいものは何も無いのに
一気にメカメカしくなった気がします。


このタイミングでボディ各部も磨きをかけて
オイルを入れておきました

015711f93ba742864f352d126cbc4e95988e215ef2.jpg

実物を目にした人だけが分かる違いですが
これでも随分マトモな仕上げになったモンです。


今回の改造は

『持ちたくもない』から
『弾きにくいー!』へ

そんな感じです。

CIa6NgzUsAAJiEr.jpg

見た目もエグさが増したでしょ?
それだけでイイんですよ

WISH BASSはそんなベースです。


そう思うわけです。つづく

つじ
tag :
<< TOPページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>