FC2ブログ

もう18年目やって

2020-03-12
18年のぅ

そっちでもあっちゅう間か?
それとも待ちくたびれたかの?
どうや?なんて野暮か。


今こっちはコロナとか言うてバタバタしとるけど
自分にも周りにも色んな苦境がどんどん来るな
ほんでまだまだあんねんやろな

まぁそれにしても皆さんのおかげさんで

今んとこウチら家族は皆無事やし
しょーもない事で笑ったりケンカしたりできる暇もある
オレの周りに居てくれるヤツらもまぁなんとなく大丈夫やと思う
漏れずにどんどん老いては行ってるけどな。


しかしなんか難しいのぅ

知ってるつもりやったけど
わかってるつもりやったけど

やっぱり難しいの

別に悩んでるわけではないんやけど
何するにしても迷いが残るわ

それも知ってるつもりやってんけどな。


まぁでも結局笑い話にはするのんは得意なハズやから
気長に待っとけよ

まだまだそっちには逝けそうにもないわ
こっちでも笑わしたいヤツおるしな

順番やで

飛び越してったオマエに
こんなこと言うのもアレやけどな


昌佐三よ

もうチョッと楽しんで
もうチョッと土産話増やすしな


弟よ

もうチョッと待っててくれや

IMG_8460.jpg

そのうち行くからの

合掌。


つじ
tag :

レッテル

2019-04-13
私は「○○弾き」や「○○乗り」みたいなレッテルは好きでないし
そうレッテル貼りされることも苦手だ

そういうことを自称する人達やそういう形に嵌めたがる人達は
大概にして〇〇至上主義であることが多いからである

そういう人は大概の場合
ヒエラルキー内での自分の立ち位置が気になって仕方がないけど
自分という人物の「虚無」におぼろげながら気づいてはいるので
「ある種のマイノリティー」として自分の立ち位置を確立しておきたいのであろうと感じる

何においても「自称」する人はそういう人が多い気がする
良く言うとアイデンティティの確立とでもいうべき
「犬のおしっこ」的な「縄張り誇示行為」の様である

例えば私はZ750Tというマイナー車に乗ってはいるが
Kawasaki乗りでも、Z乗りでも、ツイン乗りでも、キャブ車乗りでも、旧車乗りでもなく
Z750Tというバイクが好きで乗っているだけである。


持ってるものをチョッと考えてみた


ギター

1934 Gibson L-30
1965 Gibson Firebird I non-reverse
1965 Gibson ES-120t
RS Guitarworks、Vanzandt、Momose、Fender、その他諸々

アンプ

Orange OR50 combo Mod.
Marschall 2187x
Fander Custom Vibrasonic
Toneking Imperial
その他諸々



1968 Porsche 911
1969 Fiat124sportspider
1970 Dodge charger
2000 Ford econoline

バイク

1980 Ducati 900 SD Darmah
1983 Kawasaki Z750T
1984 Harley davidson XR1000
ゼロから組んだDax110


動くもの動かないもの
使えるもの使えないもの
気に入ってるもの気に入ってないもの
なんとなく挙げてみてもこれだけある

もちろんコレクターでも何でもない
ほぼ全てのものにおいて売れないくらいに自分好みに弄ってあるし
リセールバリューや他人の評価を気にして手にしたものは
ひとつたりとて無い。




別に音楽でも車でもバイクでも工作でも
それにより得たものは多いし大きいけど

しかしながら

何が無くなろうが我が人生において困ることはない
ただ楽しみがひとつ減るだけだ

全てが自身の一部であって
たかが一部、されど一部
というだけのことである

誤解を承知で極端に言えば身体の一部
手がなくても足がなくても目が見えなくても声が出なくても
根っこは夫であり、父であり、我が家族の一員である。


音楽、乗物、工作、その他趣味においては
他人に認めてもらうどころか
良いと思われなくても
良いと思わせなくても
なんら問題はない

ただ好きでやってることなので。


音楽家?
バンドマン?
アーティスト?
ギブソン弾き?
ファイヤーバード弾き?
アメ車乗り?
イタ車乗り?
外車乗り?
旧車乗り?
ハーレー乗り?
ミニ4乗り?
不良?

違うよ

自分はそんなところにアイデンティティは持っていない。


ビンテージ?
カスタム?
エンスー?
マッスルカー?
旧車?
カワサキ?
ナナハン?
ハーレー?

もちろんこういう「名称」は嫌いではないけど興味がないし
名称やレッテルありきで好きになったモノもひとつもない

逆に好きなものにレッテル的名称があることで伴なった
「貴方も〇○」という砂場の山崩し的陣地取りに巻き込まれたような
苦い思いの方がはるかに大きい。


自分は

音楽家でもミュージシャンでもアーティストでも
バイク乗りでもアメ車乗りでも旧車乗りでも
なんなら工作家でもなんでもない

時間や金銭諸々の事情的に可能ならば
やりたい時にやりたい事をやってるだけの
『ただのお父さん』で『ただのスキモノ』なだけです

いや、ただの金持ちでしょって?


「ええ、そうですよ。」


しかし勘違いしてほしくない事がひとつ

今まで
モノに拘って
モノに縛られて
生きてきたつもりはない

「金の無い時代から」そうやって生きてきました


他人が拘ってるのを否定する気はないんですけどね
拘ってる人ってその他を否定しがちじゃないですか

そういうの見るとただ恥ずかしくなっちゃうわけですよ
他を否定することでしか己を確立できないって
不器用とかそういうレベルじゃなくて大変そうだなぁって

私はたまに「つかみどころがない」なんて言われたりもしますが
貴方のレッテル貼り仕分けに左右されるような生き方してないからですよ
「節操がない」なんて言葉も不用です
私の「好き」や「筋」に貴方の「節操」は関係ありませんから

つまりは嫌いじゃなく、興味がないだけです。

私の場合はほぼ全てが自己完結
故に他人が呆れるほど手間ヒマお金かけて拘れるわけですよ。


そう思うわけです。

つじ
tag :

17年目か

2019-03-12
なんとなく一年を振り返る日になってるな
それももう17回目か

早いのう

もうエエかななんて思うことも多いんやけど
なんとなく
なんとなくやけど
やっぱ書き留めとくわ

この1年は
というかこの2年間は
随分バタバタしたし周りもバタバタしてた気がするな

いや

よう考えたらワシゃずっとバタバタか

もう知っとるやろうけど
音楽も乗りモンもなんかフラフラぶらぶらしとるわ
なかなか決まった容にはならんけどの
なんとなく楽しゅうやっとるし
色んな人に助けてもろうて先は明るいわ

こんなんで天命を知れるんやろうかホトホト疑問やが
そんな疑問がアホくそうなるくらい惑うことがあらへんから
今んトコはまあエエかな

今年は不惑の根っこも見直せたしな

改めて考えてみたら
オレもボチボチ
ヨメもボチボチ
家族もボチボチ
ツレもボチボチ
周りもボチボチ
環境もボチボチ
なんか全部ボチボチ変わりながら生きとるんやな

容になんかいっこもならん
まあそんなもんなんやろな

っちゅうより
元々容になんかこだわっとらんかったわ

ちゅうことで具体的なもんは今年は書かんけどの

なんとかかんとか
周りみんなのおかげさんで
なんとか楽しゅう生きさしてもろとる

これからもなんかうまいこと頼んどくわ


んでもまだまだ

笑わせたいヤツは
イッパイおるし

言いたい事は
イッパイあるんやけどな


昌佐三よ

もうチョッと楽しんで
もうチョッと土産話増やすしな


弟よ

もうチョッと待っててくれや

IMG_8460.jpg

そのうち行くからの

合掌。


つじ
tag :

ピヨ彦モデルまとめ

2018-10-24
全く以て、順番に読みにくいので
URLを掲載順に記しておきます。

【Lightning Bass(ピヨ彦モデル)】
ピヨ彦モデルpart1-18記事

http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-231.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-232.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-233.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-234.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-235.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-236.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-237.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-238.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-239.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-240.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-241.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-242.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-243.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-244.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-245.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-246.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-247.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-248.html
http://avici.blog.fc2.com/blog-entry-249.html



オーナー:ピヨ彦
http://twitter.com/piyohikocsss

製作:2zee(つじ)
http://twitter.com/avici2zee

スーパーバイザー・調整・セットアップ:Kaetsu Takahashi(高橋)
http://twitter.com/sbctn
(プロとして仕事は受けるそうです)

All from avici.

(質問等はそれぞれにお問い合わせくださいませ)


長々と綴りましたが
我ながらよく書いたもんだ。


つきましては大勢の方々に読んでいただきまして
大変ありがとうございました

あくまで『バカがやった事』と素人様には多少のご参考に
玄人様には多少の笑いになったならば幸いでございます。


今回も良い機会と
愉快なメンバーに恵まれ
楽しく工作させていただきました。

ありがとうございました!

おかげさまでいいヒマつぶしができました
楽しゅうございました。

そう思うわけです。

つじ
tag :

墓標

2018-07-09
受け手には全く関係のない話ではあるが

ひたすらに内に向けて嚥下しようとするモノを外に向けて見せることに
思考の中での折り合いはついてはいたが最近改めて感じるようになった

元々他人の評価はさほど気にしない質であったが
そこが意味する自分の本質がようやく見えてきつつある。


受け手に分かりやすく表現することに
自分の中での無意味さとの折り合いを付けるのが苦手で
そのギャップに苛まれた時期もあったが

そんな(自分の中で)くだらない事より
自分に向かって砥ぐ方が何倍も楽しく苦しく
結果納得のいくものであるという事が

そして自分にはこちらの方が向いているという事もよくわかった。


元来エエ格好しいである己が他に対して

格好つける事
格好つけない事
格好つけないように見せる事

もちろん己に対しても同じく

しかし

自己に対する体裁すら関係のない部分に
己が求める本質があるのではないかと思い

十数年前に絶対的な足枷となる不安を一つ取り除いたわけだが
それは正しく正解であった。


己自身の納得のいった結果よりも
足枷を取り除いたことによる評価の方が断然高いのは事実であり
己にはその評価以外は何も得ない

つまり、俺自身には何も無い

ただの凡人であるという事がここにきてようやくわかった。


これが
十二年かけて準備し
十二年かけて検証し
一年かけて熟考した
何もない己の人生二十五年間を費やした結果である。


これでやっと不惑の礎を感じられたに過ぎないが
知天命まで残り数年間を残してこの位置を実感できた意味は
不出来な自分には大きいと感じている。


あとはこの礎を組んでいくだけである
つまり今までの道はおおまかには間違っていなかったと

故に此処に我が墓標を立てる。


なるほど、こっちやったか
なかなか粋なことするやん


そう思うわけです。

つじ
tag :
<< TOPページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>